’;3月 味の歳時記 BY 菊水

3月 弥生の歳時記 

この弥とゆう文字はいよいよ ますます、これから とゆう意味で 長く厳しい冬も終わりを告げ ようやく木の芽が芽吹き、たくさんの生き物が動き始める まさしく春到来です
 
とは言え、いまだに日本では雪がちらつき、まだまだ寒さ厳しき時でもありますね。
 
そして、3月はおひなさまですが この時代の女の子たちは、おひいなの遊びと呼ばれた、人形遊びをしていたようです。
この事も紫式部の源氏物語 また枕草子などにも登場します。
このように、3月の上巳の厄よけと市井の人紙の禊、貴族のままごと遊びなどが、融合して徐々に今の形になったといいます 
日本の年中行事は 常に美しい四季と人びとの暮らしの中でよりよく生きるための知恵と陰陽の道理 それらが、時代と共に洗練されそして、各家庭に伝えられてきたのですね。
 
3月弥生の菊水庵 お昼の献立 
 
 この度 菊水庵のランチメニューは週替わりのおすすめ献立にうどん、茶そばのセットをご用意いたしました。
 
限定 かきうどんとサラダ巻き鮨
 
刻みきつねそば、うどんとミニカツ丼
 
かき揚げうどんとミニばらちらし
 
海老天冷やおろしうどんとミニ鉄火丼
 
カレーうどんとお稲荷のり巻き
 
その他、季節の焼き魚 煮魚の御膳など、週替わりでご用意いたします。
 
サヨリ 本ししゃも わかさぎ 飛び魚 筍 春野菜など 色鮮やかな素材の季節です
 
 
《木の芽風 ふきのとう 手折る身に
 
             春埃と名残雪