如月 菊水味の歳時記

 

まだ、日本では寒さ厳しく、北国では冬将軍真っ只中ですが この立春を目安にかぞえ八十八日目が、その八十八夜で、まつりごとや年中行事などこの立春をめどに行われます。

 
又、立春から初めて吹く強風や突風を春一番と呼びます。
皆さんも春先に必ず経験するあの風です。
 
中国の古書には如得如月と書かれ、生更木 衣更着  などの語源説もあります。
 
私も修業時代、朝板場に入ると真っ先に出汁を引く為に大鍋に火をつけます。
徐々に鍋の中の昆布がゆらゆらと踊りだし、吹き上がるかどうかの頃合に びっくり水を差し 
ゆっくりと再びゆらゆらと泳ぎ出す頃合を見て昆布を抜き取り
緊張した眼差しで私は 鍋を見つめています。
 
と言うのも隣で煮方と脇鍋が睨んでいるからです。
(これは、料理の大本だぜ、これがしくじったら台無しだ  !ほら、今だ 鰹を放り込みな )
水を吸いながら、ゆっくり、ゆっくりと鰹は沈んでいきます。
 
鍋掴みを手にしながら私は、鍋を見つめ 再びその鰹のひとひらが沈みういてくるのを今か、今かと煮方の顔色を伺います。
すると、煮方は、(自分で決めなよ  自信を持ってやってみな)
 
怒鳴られてばかり 叱られてばかりの毎日でしたが、その光景を静かに見ていた親方は、毎度の事 その日は 一杯誘われます。
 
程よく、酔いが回った頃親方は着流しの懐から、小さな瓶を取り出し 私に差し出します。
(これは、お前の赤切れにって 煮方の浩二が渡してくれってよ。)
 
その頃、板場は下駄を履き 足袋でしたが、あたしら見習いは水仕事もあるので足袋はご法度でした。
寒いこの季節は、赤切れになり それは、痒くて痛くて 夜もねむれないほどで 風呂に入るとしみてしみて いつも難儀しておりました
その頂いた瓶には上等な地鶏の油のみを丹念ににあげた後、冷やし固めたものでした。
 
薬草も練りこんであり、高級なバターのような、またチーズのような代物で風呂上がりには毎日赤切れの足にすり込みました。
 
あの、徹夜で麻雀や賭け事が好きで般若湯と言っては、煮方の庖丁箱の横に湯呑に入れた冷酒を煽る 野暮な兄貴でしたが、その優しさに心動かされました。
 
また、それを恥ずかしいのか親方に渡して、そして、(足はどうだい、)と瓶が空になる頃を見計らい、また手渡してくれる。このことも、親方の言う目配り気くばり料理人に不可欠な心の働きなんだと、勉強させていただいたことを思い出します。
 
小一時間かけ 純粋な油のみ仕上げるのは、決してお金では買えるものではありませんね。
怒鳴られ 殴られ お叱りを頂いた分だけ その優しさが身にしみます。
 
 
/臆病者には良い料理は作れない
 
独創的に  失敗を恐れず
 
何にでも挑みなさい
 
何処で生まれ育とうが
 
他人に限界を決めさせてはいけない
 
諦めなければ  なんでもできるのです
 
偉大な料理は勇気から生まれるもの
 
                            (    レミーの美味しいレストランより)
 
時折、負けそうな時、修業時代の兄貴や親方の事  花が好きだった祖母と母   あるはずのない水仙の香りがしたような今宵です。
 
                          菊水   馳走菊水庵 ようこそ  ようこそ

公邸料理人指導育成教室 大阪あべの辻調理学校第22回開校式が開催されました。

アンゴラ名井アンゴラ大使より菊水調理人サマート君夫妻に励ましのお言葉を頂きました。

 

 公邸料理人の活動紹介「夫妻で二人三脚:タイからの料理人」
(在アンゴラ大使館・サマート・コーククラン料理人) 

平成25410

 

サマート料理人夫妻はここアンゴラに来て一年半弱になります。サマート料理人は,バンコクの日本レストランで長年料理人を務め,日本の料理学校からの指導も受けた日本料理の専門家です。今回が初めての外国訪問であり、かつ初めての外国滞在でもあります。期待と不安を持ってやって来たアンゴラですが,慣れない国で苦労しながら,いい日本料理を紹介するために頑張っています。
 
 先日,近々日本勤務となるアンゴラ外交官に日本食を提供しました。この外交官にとっては初めての訪日であり,初めての日本料理でもありました。サマート料理人が作った日本料理はこの外交官の心をつかみました。味は勿論,盛りつけの美しさ等にも感心していました。
 
 料理人夫人は折り紙が得意です。アンゴラ外交官は日本の折り紙についての知識は全くありませんでした。この日,料理人夫人が作った折り紙に関心を示し、持って帰っていきました。
 
 先般、ブラジル女医2名を含む保健分野のブラジル人4名を招待しました。日本はアンゴラにおいて保健分野でブラジルと三角協力(日本,ブラジル,アンゴラ)による医療支援を行っています。4名はこの医療支援のため2週間の日程でアンゴラに滞在した人達でした。
 
 日本との関係が深いブラジルでは日本料理店も数多くあり,4人は日本料理にも慣れた人達でした。サマート料理人は,料理に少し変化を加え,日本食にタイ風スープを添えアジア・フードでもてなしました。ブラジル人の客は少し変化が加わった日本料理に大変感激していました。料理人夫人が作った特に小さい折り紙の作品に関心を示し,折り紙はよく知っているがこんなに小さなのは初めてということでブラジルまで持って帰っていきました。アフリカで経験した日本料理と折り紙という二つの日本文化を堪能する機会を得たことに感激していました。
 
 アンゴラでは,客が1時間以上遅れて来ることも少なくありません。急に会食日程が決まることもあります。そして当日人数が増えるというハプニングもあります。これらに対応する料理人の苦労は大きいものです。それでも,料理人は忍耐を持って頑張っています。
 
 サマート料理人は,夫婦一体となって,日本文化普及活動の一躍を担っているといえます。私もこの料理人夫妻にはとても感謝しています。
 

 

                      駐アンゴラ大使 名井良三

菊水調理人でアンゴラ大使館に公邸料理人として出向中のサマート君とその奥様に名井アンゴラ大使よりお褒めと励ましの言葉を頂戴いたしました。

サマート夫妻は、丁度ホリーデーを頂きタイに一時帰国中なので本人たちの励みとなりますので早速大使のお言葉をタイ語で伝えさせて頂きます。

有難うございます。

                                      

 

                               菊水 店主

ザ・キクスイ@ゼンス 開店のお知らせ

菊水と姉妹店の忍者ハウスヒーロー、そしてセントラルグループのゼンデパートとのコラボレーションによる新コンセプトのレストラン その名も、

  

    THE KIKUSUI@ZENSE

    (ザ・キクスイ アット ゼンス)

 

9月のグランドオープンに向けてテストオープンの運びとなりました。

  

ゼンデパートと隣接するゼンタワービルの17階屋上階全てがゼンスレストラン(屋外席と屋内席約300席)

 

DJも居てHIP HOPでロマンティック照明の雰囲気の中で360度バンコクの夜景をパノラマ的にお楽しみ戴きながら

 

ザ・キクスイの日本料理を初め

イタリア料理のジアーニ・

タイ料理のホワイトカフェ・

ヨーロピアン料理のトウ ダイフォー・

インド料理のレッズ

 

などバンコクを代表するレストランシェフが腕を振るう各国料理を楽しみ頂くことができるのが特徴です。

 

デートには最高の空間、勿論開放的な雰囲気の中ソムリエや、洗練されたスタッフ達のサービスにも定評がありご商談などの接待にも最適

 

皆様のお越しを心よりお待ち申しております。

 

アクセス

お車で

セントラルワールド地下駐車場駐車(地下2階がゼン専用駐車場となっております)

BTSで

サイアム駅下車 ゼンにつながる歩道橋徒歩5

ゼンタワーまたはゼンデパートからのエレベーターをご利用下さい。

Zenデパート7階または8階よりゼンタワーのエレベーターで17

Zen towerエレベーターで17階まで

 

 

おめでとうございます!

高橋料理長に7月11日待望のご次男が誕生しました。

心よりお祝い申し上げます。

 

Congratulations on baby birth!
New families increase, and please spend every day more and more happily.

                

                    社員一同

馳走 菊水庵(菊水)のソーポン料理人へ『優秀公邸料理人』の称号が玄葉外務大臣より与えられました。

ニュースクリップより
ニュースクリップより

本年度は、外国人では唯一の受賞者

菊水料理人 ソーーポン・ブンマー、日本政府の『優秀公邸料理人』に

 

6月18日、公邸料理人に対する外務大臣表彰の式典が日本の外務省で行われ、公邸料理人のうち、優秀で貢献度が高いと認められた24人を玄葉 光一郎外相が表彰し、『優秀公邸料理人』の称号を贈られました。

この24人のうち、唯一の外国人が、菊水のソーポン ブンマー料理人

ソーポン料理人は、菊水派遣調理人として、在イエメン大使館、在クエート大使館、在アゼルバイジャン大使館にて和食の料理人を務め、優秀で高い貢献度への評価から当賞受賞の栄誉を賜りました。

移転先の内装工事も着々と進んでいます。

2002年
         1031号(10月11日~10月17
日)
純粋な日本料理を通じて日本文化を紹介する
料亭 菊水

by ブライアン・デ・グルメ

 


 日本料理店の老舗「料亭 菊水」をご存じでしょうか。JALの機内食を出している店と聞けばピンとくるかもしれません。お店に行ったことのない方も、きっと一度は料理を口にされたことがあるでしょう。

         菊水は一九六九年、純粋な日本料理を通じて日本文化の一端をタイ、そしてタイを訪れる人たちに紹介したいという思いでシーロム通りに創業しました。

        一九九三年には現在のサトーン通りへ移転、新装オープンしましたが、昔も今も、料理はしっかりトラディショナル。奇をてらわない基本に忠実な本物の日本料理が出され、タイ王室や日本の皇族の方々も非常によく利用されています。

 しかし、だからといって格式張っているわけではありません。各種接待にも使用できる座敷はもちろんですが、気楽に楽しめる炉端焼きカウンターや寿司カウンターといったカジュアルな席も用意されており、またそれらが絶妙な店舗デザインによって仕切られているため、座る席によって気分も雰囲気もまったく別の店のように変えることができるのです。

        「料亭」と名乗っているため敷居が高いと思っている方もぜひ一度、足を運んでみてください。もっと身近な店に感じることができるでしょう。

 懐石、寿司、一品料理、炉端とも、食材は地場ものから日本直輸入のものまで厳選されたものを使い、調理は日本から呼んだ板長を筆頭に熟練の料理人たちが腕をふるいます。

        創作料理を売り物にする店が増えてきた感のあるバンコクの和食業界ですが、ここらでひとつ温故知新、「料亭 菊水」で忘れかけていた本物の日本の味に触れてみるのがよろしいかと思います。         
 
                           当記事は、バンコク週報からの転載です。

 ~ 『忍者ハウスヒーロー』移転に伴う休業のお知らせ ~

皆様からご好愛顧いただいておりました、『美味しい・楽しい・達人板前あり』

『忍者ハウスヒーロー』は、7月中旬を目処に名称・コンセプトを新たにサイアム地区に移転する予定です。

これに伴いスクンビットソイ26の店舗は6月末より当分の間お休みをさせて頂く事となりました。

 

新店舗開店情報に関しては近日中に、私どものWEB-SITE、バンコク生活情報などにてご案内させて頂きます。

『忍者ハウスヒーロー』の料理・エンターテーメントを楽しみにされておりました皆様には、ご不便・ご迷惑をお掛け致しますが何卒ご理解の程宜しくお願い申し上げます。

                                                                         20126月末日

入荷しました 南フランス産 梅酒 プレシア
入荷しました 南フランス産 梅酒 プレシア

南フランスからの贈りもの PRUCIA プラムリキュール 

 

プルシアの誕生はは、フランスの家庭で愛されてきた、お酒にプラムを漬けるという習慣です。フランスでは、お酒に漬けたプラムを食べるのが目的で、お酒の方はあまり飲まれることはありません。ですが、プルシアの開発者は、このプラムを漬けたお酒が、美味しいリキュールになるのではないかと考えたのです。
数ヶ月タンクで漬け込んだプルシアは、次はブランデーの古樽へと移されます。ジュール・ブレマンはコニャックの名門「ルイ・ロワイエ社」のリキュール部門。ルイ・ロワイエがブランデーづくりに使った古樽を活用するのも、ジュール・ブレマンならではのこだわりです。あの芳醇な味わいの秘密が、ここにありました。
忍者ハウスヒーローでは、ちょっとお洒落なボトルと、どんなお料理にも合うと言うことで、日本の女性に人気上昇中のこのプルシアをいち早くご紹介しております。

ソーダで割って、またレモネードで割っても美味しいです。
只今、ご紹介キャンペーン中につき
PRUCIA ボトルキープ 

通常THB2500をTHB2000のキャンペーン中です。

また、グラス売りも承っております。THB190

この機会に是非お試しください。

姉妹店の『忍者ハウスヒーロー』にて 

 

昨日チャネル5の料理番組

 

『ティーウーワン チュワン ヒウ』
     =(腹ペコだ~食事に行こう!!)

    チャンネル5 毎日曜朝8:30放送

の収録があり、ご来店のお客様にも


多大のご協力頂き、無事に収録が終わりました。

改めて御礼申し上げます。

忍者ハウスヒーローの、放送予定は、7/3 の予定との事です。

写真は、忍者ハウスヒーローエントランスにて、ウーワン チュワン氏と忍者ハウスくの一スタッフ達

バンコクガイド 6月号にてご紹介戴きました。

今年も、ベストレストランタイランド賞受賞致しました。

皆様のご支持、ご支援有難うございます。

 

 菊水庵 3年連続で、 タイのグルメ大賞、べストレストラン賞受賞しました。

 

 

今年も、タイで最も権威のあるグルメ賞として歴史を誇るレストラン大賞、「第11回 ベストレストラン賞2011」の受賞レストランが決定しました。TATLER社の覆面調査員により各カテゴリーごとに決定されるこの賞、今年は3月18日セントラルワールドで授賞式が行われ着飾った多数のゲストで賑わいました。

授賞式の前には、受賞の各レストランのシグニチャー・メニューが登場。参加者は、ワインやシャンペンを片手に、それぞれのシェフたちによる味の競演を楽しみました。

バンコク都知事の開会宣言が行われ いよいよインターナショナルフードフェアー2011 開催です。

この催しは、世界にタイの美味しい料理を発信する事を目的に在秦の世界各国のレストランから主催者が厳選した名店が参加します。

日程は、昨日2月21日が開会式

  各国レストラン参加で開催予定日と場所

 3月2日ー6日    サイアムパラゴン

 3月16日ー20日  ベンジャシリパーク

 3月30日ー4月3日 セントラルワールドプラザ

 

       美味しいお料理が世界から

                 この機会に是非お立ち寄り下さい。

 

 

写真は、女優のPlleさんと菊水庵のエリちゃん

もうすぐ節分 福はうちご膳で邪気払い!!

 《節分 福はうち御膳 》

 ◎節分は、お料理で邪気払い 恵方巻きで邪気を追い上げ、今年も無病息災を


   ☆福はうち御膳     「ランチ480b」

   ☆福はうち御膳  「デイナー 1500b」  
   ☆富久弁当お子さま御膳 「380b」

 コトコと煮豆と恵方巻き 春のお料理で邪気を払いましょう。

日本の美味しい食材届いてます!!

日本から、食材色々入荷しました。

直接オーナーが日本で食材の調達を行っております。

 

今回は、祇園藤村やのお揚げ、京都のにしん、生麩(なまふ)、生ゆば、博多明太子、

あきた小町新米、十穀米、麦ごはん、発芽米、天然納豆塩、日本産本葛粉などです。

 

機内持ち込みには限度があり、食材には限りがあり在庫切れとなることがあるのでグランドメニューには載せておりません。

 

裏メニューを高橋料理長にお尋ね下さい。

心が和みます。日本人スタッフ エリちゃんのご紹介

心も和みますね
心も和みますね

日本人スタッフ エリちゃんが和服で皆様をお待ちしています。

 

サートンの菊水では毎日ディナータイムには着物を着ていたエリちゃんですが、トンロー店に移ってからは、草履がなくしばらくはユニフォーム姿でのサービスでしたが、待ちに待った草履が日本から届きました。

着物を着ると身も心も『和む』とのエリちゃんコメントでした。

月替わり『お子様ご膳』
月替わり『お子様ご膳』

お子様が主役のご慶事には、菊水庵お子様ご膳で!!

 

お誕生日、ひな祭り、お節句等などお子様が主役となられる慶事の日にはちょっと贅沢な

『菊水庵のお子様ご膳』がお薦めです。

 

アレルギー体質のお客様は、ご予約の際にその旨をお伝え下さい。

お献立を調整させていただきます。

ご慶事のご会食に

菊水庵は今日も雪!? 当店自慢の秘密兵器 食用降雪機

日本人スタッフエリちゃんが雪だるまを作りました。
日本人スタッフエリちゃんが雪だるまを作りました。
当店自慢の雪の結晶まで出る製雪機で雪だるま
当店自慢の雪の結晶まで出る製雪機で雪だるま

今年も残すところあと数日となりました。

 

昨晩のイヴは、皆さん想いでのイヴとなったことと思います。

 

一夜明けて今日は、クリスマス

南国の街もあちこち思いっきりクリスマスイルミネーションで素敵にライトアップしていますね

 

 

 

        

 

Merry Christmas!

 

菊水庵は、開店したてでまだクリスマスの準備を整える余裕がありませんでした。

 

来年のクリスマスこそは、、、、です。

 

菊水庵の入口で、サンタさんがイブにご来店の皆様をお出迎え です。